必需品日記

安全ではありません

20210704

金曜の夜になんとなく物件を検索して、土曜日にその物件を内見してきた。別に急いで引っ越す必要は無いのだけど、実際に物件を見たら引っ越したい気持ちが大きくなってしまい、落ち着くのに半日を要した。冷静にならねば。

今の物件そんなに不満が無いのだけど、春に働き始めてから往復2時間の通勤時間が発生するようになってしまい、それがだるいというのがある。もう少し寝ていたいし、電車は座れないと疲労がたまるので、その辺り体力を省エネしたい感じもある。電車通勤なので読書時間を確保出来るのは大きいのだけど、にしても疲れるのよね。

最近はスマホをなるべく触らないようにしていて、いろんな通知を切っている。音楽やラジオを聴くのと、カメラとしての利用が主で、画面もモノトーンにしていることが多い。パソコンの画面も夜9時になると暖色になり、部屋の灯りもそういった感じになる。

少し前は1ヶ月ほど禁酒をしていて、あとカフェインも制限したりしていた。スマホ含め、依存しているものから距離を置こうという試みだったのだけど、完全に断つとぬるい虚無がやってきたので、いくらか戻している。酒量は減ったがまた飲んでいるし、珈琲はノンカフェインの粉を半分混ぜてドリップ するようになった。あと午後2時以降飲まない。

虚無感は入り口で、以前の職では凪の状態と見誤ってしまっていた気がする。その後に断片的にしか眠れないようになって、気付いたら腸内環境がぼろぼろになっていた。腸内環境がおかしくなると情緒もおかしくなる。

そういえばスマホを触らないようにの一環で、時計を見ないようにするため腕時計を巻くようになった。せっかくなのでスマートウォッチにして、ストレス値やら睡眠の質なんかを測定している。もともと記録とかライフログが好きなのもあるし、あとで見ると実際にストレスを感じていた瞬間と記録上のそれが大体同じだったりで、それなりに面白い。ひっそりと食べたもののカロリー記録などもしていて、去年の秋から12キロくらい痩せた。さすがにこれだけ落ちると身体は軽いのだけど、俺が痩せてもという気もする。

「いつも同じ時間に寝て、いつも同じ時間に起きる」ことが質の良い睡眠においては特に大切らしいのだけど、一般的な働き方をしていたら、クロノタイプが夜型の人間にこれは難しい。俺なんかも土日ですぐに夜型によってしまい、月曜の朝がしんどい。日曜の夜こそ早く寝るのが大切なんだろうなというのは感じていて、だからこの時間にブログを書いている場合ではないのだ。