必需品ブログ

日記でしかない

創作

キャッチ・ザ・エイリアン

人 物 佐伯直実(11)小学5年生 菊間美和(10)仲良し 益子司(11)同級生 郡司健斗(10)同級生 ◯戸隠公園 ミニサッカーのゴールが設置された公園。ゴール前で、郡司健斗(10)と益子司(11)がPKをしている。健斗のシュートが、ゴールネットの右端に決まる。キーパ…

猫とワゴン車

人物 斉藤美和(13) 斉藤達郎(38) 美和の父 斉藤直美(故34)美和の母 足立加奈子(35)美和の叔母 ○ 斉藤家・外観(夜) 田舎の小さな平家の戸建て。カーテンのかかった縁側のガラス戸から、室内の明かりが漏れている。○ 斉藤家・仏壇のある部屋 6畳ほどの畳の…

もう光あたっちゃったね

私が当ててあげようと思ってたんだよ? でももうあたっちゃったね。 嬉しくないのかって? なんで? 嬉しくないよ、そういうのじゃないし。 私があてたかったの。私が輝かせたかったの。私が覗くファインダーの中でだけ光ってたらそれでよかったのに、なに。…

まおゆう的な

魔王「では最後にもう一度だけ聞こう。私の配下に着くつもりはないのだな?」勇者「当たり前だ! 俺は人の下で働くつもりはない!」賢者「そうよ! 勇者はその辺、決定的に適性ないんだから!」戦士「こいつは行動力のあるクズだ!」顔を見合わせて、微笑み…

仕事が続かない

「懺悔してもいいですか?」私の中の神様「いいよ」「私、仕事が続かないんです」私の中の神様「うん」「なんていうんでしょうか、嫌なんです、残業なんてしたくないし、面倒くさいんです、職場の人間関係も」私の中の神様「うん」「それって悪い事ですか?…

孤独では無いと思った

職場の同僚が年内で辞めるということで先日送別会をしたのだが、今日が最後の出勤らしく親しい人達に惜しまれていた。私は親しい訳ではなかったので早々にその場を後にしたのだけど、有給をどう消化したのかとその部分だけ気になった。 帰り道のセブンで蓋の…